すもづか

先日、由美姉の家にお届けものに行ったとき、
「よいやれ~(寄っていって)」
と声をかけてもらったので、お言葉に甘えてお茶によばれました。

そのときごちそうになったのが、こちら。

ゆみあね

「すもづか」という酢の物です。
鬼おろしで荒くおろした大根と、節分にまいた豆、
それに神棚にお祀りした鮭のあごの部分を和えたものだそうです。

この時期に食べると風邪をひかないというお話。

(メモしながら聞いていたのですが、違ってたらごめんなさい)

奥にあるのが、青菜を塩漬けにしておいた、青菜の漬け煮です。

とってもおいしかった!

由美姉の90歳のお母様は、蔓細工を作り、指先がとても器用です。

ハンドバックや入れ物など、いろんな作品を見せてもらいました。
そして、出かける機会が多いからと
交通安全のお守りをくださいました。

細工

夏は休む間もなく畑仕事。
雪があるうちはこうやってゆっくり趣味の時間を過ごす
とおっしゃってました。

雪国の生活はメリハリがついた感じがします。

でも若い方たちは、冬でもとっても忙しそうです(笑)。
2012-02-25(Sat)
 

茨城研修(4)

最後の視察先は、みずほの村市場です。



最近では多くなった農作物直売所ですが、
みずほの村は20年の歴史があります。



お昼はみずほの村の10周年に作られたという、
蕎舎(そばや)でいただきました。



(株)みずほ社長の息子さん、長谷川成大さんが
こだわりの「日本そば」についてお話してくれました。



とてもおいしかったです。




サラダもおいしい!
型抜きした人参の残りもパプリカと和えてあって◎。
パプリカはもちろんTedyの林産です♪

2日間の研修で感じたことは、
茨木県も東日本大震災で大きな被害が出ていて、
さらに昨年は第一原発の風評被害で
どの農家も大変な思いをされていました。

実際に話を聞くことで気付かされることが多いです。

また、茨城県がこんなにすごい農業県だということに
今まで近すぎて、気付かずにいました。勉強不足です。

しかも、つくばから45分で秋葉原まで行けるなんて
便利な世の中なんですね。

やまと凛々アグリネットの先輩方と話していると
やっぱり自分の未来は自分で切り開かなくちゃいけないな
と強く感じます。

いつも頭の中がパンクしそうになって帰ってきます。

帰りはのんびり会津若松経由で二日がかりで帰りました。




2012-02-22(Wed)
 

茨城研修(3)

朝食の後、筑波山神社をお参り。



筑西市の(株)大嶋農場へ。



お庭もお屋敷も素敵です。



大嶋農場では「百笑米」として最高品質のコメ作りをしています。
ネーミングも素敵ですよね!
秋には加工場を作り、お米の可能性をさらに広げていくそうです。




次は(有)盛田アグリカルチャーリサーチセンターのモアーク農園へ。



こだわりの堆肥づくり。



化学肥料や農薬を使っていないのに、
虫が一匹もいないホウレンソウのハウス。

ベビーで上だけ摘んでいくので、
地面を這うような大変な作業となります。



摘みとった葉物のパック詰め。



大変お忙しいとうかがっていた西村松夫社長と
農園長の浅野裕子さんのお話がうかがえてうれしかったです。
2012-02-22(Wed)
 

茨城研修(2)

次の視察先は(有)アクト農場の関さん。
小松菜、みず菜、トマトなどの施設栽培をしています。

ビニールハウスが227棟という、その規模にびっくりですが
トマトひとつひとつ、残す芯に洗濯バサミで印がつけてある徹底ぶり。



アクト農場の後継者である崇宏さんが説明をしてくれました。



こちらが小松菜のハウスですが、時間がなくて外から覗くだけ。



関さんの小松菜はエグミが少なく、鮮度が長持ち。
いつまでもシャキッとしています。

先日送ってもらった小松菜を近所の90歳のおばあちゃんに差し上げました。

雪国には今の時期は青物がないので、
「懐かしいなぁ」と、宝物のように両手で大事に扱ってくれました。



夜は研修会。
高木顧問と筑波大の納口るり子教授のお話を聞きました。



夜の懇親会は日本中の特産物は集まります。

私は南郷トマトジュースと下郷のお菓子を持参。
いちご大福とポンカンのお酒、おいしかったです♪


2012-02-21(Tue)
 

茨城研修(1)

日本農業法人協会の女性経営者の会。
やまと凛々アグリネットの現地視察研修会です。

この研修の目的は、全国にいる会員の経営を実際に見せてもらうというもの。

今回も北は宮城県、西は福岡県、徳島県など20名以上の参加です。

茨城県庁まで只見から5時間弱。
都会は慣れていないので、水戸市内が一番時間かかりました。



水戸の偕楽園の梅まつりが始まったということで
立ち寄りましたが、まだ梅は一分咲きかな。

梅大使(梅むすめ?)のお二人が華やかでした!



最初の視察先はみずほ村市場水戸店です。



やまと凛々アグリネットの会員である大嶋農場の百笑米や百笑もちがきれいに並べられていました。





次は(株)Tedy、の林さん。パプリカの栽培をしています。



パプリカの選果機。
数がカウントされるようになっています。



給食やレストランなど、彩りにかかせないというパプリカ。



輸入ものが大多数を占める中、国産パプリカは味と品質で絶対負けない。
林さんのパプリカはピーマンが苦手なうちの子ども達もサラダで食べました~♪
2012-02-21(Tue)
 
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR
月別アーカイブ