独鈷

今日は、以前母が研修で訪れた会津若松市の
古民家レストラン独鈷(どっこ)に行きました。

とっても素敵なお屋敷。築150年!!
女将さんは「100年後に残したいの」と
古くからこの家にあったものを大切に扱い、
次の世代に繋げていきたいと話してくださいました。

こだわりの食事もおいしい!
いろいろな自然薯料理が出てきたけれど、
店長が毎朝2時間かけてすりばちでするという
すりとろろが特別おいしい。

信行さんは自然薯入り茶碗蒸しがお気に入り。

女将さんは50歳から東京の料理学校に通い、
このレストランを開いたのが60歳。

自然薯料理と有機野菜のお陰か、
女将さんのお肌はツルツルです。

大丈夫まだまだ若いからなんでもやれるわよ。
と素敵な笑顔で励ましてくださいました。



女将の独鈷照子さんと店長の雅司さんです。

家族での経営は、雰囲気が好きですね~♪

輝いてる女性に会うと、私もがんばらなくちゃ!と思います。

夫のFacebookやブログを読んでくださってる方は
「また、遊んでる~!」と思われるかもしれませんが
これは農家レストランの研修です

それだけ、農業と食は切っても切れないつながりがあるんですね。


2012-02-27(Mon)
 
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
こんにちは!
プロフィール

せきもとのりこ

Author:せきもとのりこ
梨は育てるより食べるほうが得意です♪

青空がとっても似合う農園で梨しごとしています。

QRコード
QR
月別アーカイブ